内航ミライ研究会 会則

 

 

第1条(名称)

この会は内航ミライ研究会と称する。

 

第2条(事務所)

この会の事務所は、株式会社SKウインチに置く。

 

第3条(目的)

  • 船舶に遠隔操作・支援等の機器・システムの導入し自動化の促進をする
  • 船員、船主、メーカー、造船所等の労働環境の改善・働き方改革や生産性の向上を実現する
  • 内航のミライに関連する全てを研究し、開発状況の共有、発信、開発への協力体制作り

 

第4条(会員)

この会の会員は、次の3種類とする。

  • 部会会員

部会に所属したメンバーで構成する

  • 一般会員

この会の事業に賛同し入会した法人、団体、個人とする

  • 役員

代表幹事・部会幹事・監査役で構成される

 

第5条(部会の種類)

この会は,前条の目的を達成するために各部会による活動を行い次の事業を実施する。

  • 離着桟部会・船員労務部会

事業単位で部会を結成し事業を実施する

  • その他事業部会

目的に応じて部会を結成し事業を実施する

 

第6条(入会)

会員として入会しようとする者は、役員、部会幹事、部会会員のいずれかに推薦を得た上で、弊会ホームページのフォームから入会申込みを行い、承認を得るものとする。

 

第7条(会費)

 会員は,以下に定める会費を納入しなければならない。

  • 部会会員 0円
  • 一般会員0円

但し、運営費用の負担が大きくなった際は会費として徴収する決議を出すことができる。

その他、寄付を募ることができる。

 

第8条(退会)

会員は事務局に連絡し任意に退会することができる。

 

第9条(役員)

この会に次の役員を置く。

  • 代表幹事

代表幹事は、全会員の互選により選出、任期1年、ただし、再任を妨げない。

  • 部会幹事

部会の新規結成時に代表幹事により任命する

  • 監査役

代表幹事の選出時に任命する、任期1年

 

第10条(職務)

代表幹事は、この会を代表し、その業務を統括する。

部会幹事と監査役は補佐し、これに事故があるとき、又は欠席の時は、その職務を代行する。

監査役は会の業務状況を監査する。

 

第11条(秘密保持義務)

会員は、事前に弊会の同意なく、開示された情報、資料及び本契約の締結又は履行に関連して知り得た弊会の技術上、業務上の秘密を第三者に漏洩してはならない。また、メーカー・他代理店との秘密保持契約も含まれる。ただし、次の各号のいずれかに該当するものはこの限りではない。

  • 開示される以前に既に知っていたもの
  • 開示する以前に既に公知となっていたもの
  • 開示を受けた後に、自己の責に帰し得ない事由によって公知となったもの

 

各部会は補助の案件毎に秘密保持契約を締結し、会員に共有出来る情報を明確化した上で公開する。

 

第12条(総会)

   この会の総会は、全会員を持って構成するが定例では無く必要があるときは臨時に開催できるものとする。

総会は、以下の事項について議決する。

  • 会則、事業等の変更
  • 解散
  • 役員の選任又は解任
  • その他会の運営に関する重要事項
  • 部会の新規結成、解散

 

第13条(会議)

   この会の会議は、全会員を持って構成するが定例では無く必要があるときは臨時に開催できるものとする。

会議は、以下の事項について行う。

  • 部会単位の会議
  • その他議案に関する会議
  • 役員、部会幹事が必要と判断した会議

 

第14条(議事録)

総会の議事については、議事録を作成する。

 

第15条(役員会)

役員会は役員をもって構成する。

役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の

執行に関し、議決する。

 

第16条(事業報告書及び決算)

会費の徴収をしない間は報告及び決算を不要とする。

 

第17条(会計)

収支は株式会社ハブネス(代表取締役 曽我部公太)で管理、決済をする。

 

第18条(事業年度)

この会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月末日に終わる。

 

第19条(事務局)

この会の事務を処理するため、事務局を置く。

 

第20条(委任)

この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、代表幹事が別に定める。

又、会則を随時、会の方向性に沿うよう変更できる。

 

 

 

附 則この会則は、令和2年4月1日から施行する。